外貨預金とFX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)の違いは、次のようなことが挙げられます。 ・元本保証 ・レバレッジの利用 ・手数料 まず、外貨預金は銀行に預ける預金ですので、基本的に元本は保証されるようになっています。 つまり、安全性の高い運用方法と言えますね。 ただ、為替の影響を受ける点はFX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)と同じですから、為替のレート変動には常に注意しておくことが必要になるのです。 また、外貨預金の場合は、手持ちの資金を外貨として預金するわけですから、資金以上の金額を運用する事はできないのです。 反対に、FXではレバレッジを利用する事が出来ますので、手持ち資金の数十倍もの金額で運用行う事が可能です。 それに、手数料にも違いがあります。 外貨預金では、外貨に変換する際と円に変換する際に、銀行に手数料を支払わなくてはなりません。 FXならね、手数料無料で取引できる業者がほとんどですので、比較的簡単に取引をすることができます。 レバレッジを利用せずにFX(売買の際の差益だけでなく、スワップポイントで利益を得られる可能性もあるでしょう)を行うと、外貨預金とFXではなかなか違いがないように思われるかもしれませんね。 けれど、外貨預金が銀行に対して預け入れをしているのに対して、FXではFX業者に対して資金を預けることになりますね。 長期的な資産運用をするためあれば、倒産リスクなどを考えて銀行に資産を預ける方がより安全でしょうー